メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

国内スポンサー募集へ 初の試み

 ラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会で、大会組織委員会が、国内企業を対象とした「ローカルスポンサー」を初めて募集することになった。過去8回のW杯でローカルスポンサーが認められたケースはなく、収益性を高めるために国際統括団体「ワールドラグビー(WR)」が配慮した。組織委は約20億円の収入を見込んでいる。

 関係者によると、五輪やパラリンピックとは異なり、W杯ではWRが契約する公式スポンサーのみが認められ…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文410文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです