メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イランミサイル警戒 核合意巡り対立激化

 【ワシントン会川晴之】2015年7月に主要6カ国とイランが結んだ核合意の見直しを強く求めるトランプ米政権。背景には、核合意の対象外であるイランの弾道ミサイルが中東地域の「不安定要因となっている」との警戒感がある。一方、イランはミサイルを「防衛手段」と位置づけており、トランプ政権の「見直し判断期限」が今月12日に迫る中、両国の対立は激しさを増している。

 米国の保守系シンクタンク「民主主義防衛財団(FDD)」のベン・タレブルー研究員によると、イランは核…

この記事は有料記事です。

残り627文字(全文854文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです