メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

投資は変わるか

資産形成新潮流/中 運用者が脱「黒衣」 哲学語り共感つかむ

「顔が見える投信」を目指す「げんせん投信」のホームページでは、運用を担当する伊藤琢氏が自らの写真入りで投資哲学などを説明する=東京都千代田区で、岡大介撮影

 「思いをお伝えします」「質問にお答えします」--。スーツ姿の男性がほほえむ。ニッセイアセットマネジメントが2017年6月に設定した「げんせん投信」の特設ホームページ。運用責任者の伊藤琢氏や商品開発、マーケティング担当者ら10人以上が顔写真入りで登場し、投資哲学や企業訪問の様子、中には高校時代までさかのぼった詳しい経歴まで紹介している。大手運用会社がここまで「情報公開」するのは異例だ。

 徹底した「顔出し」には「相場が悪くなっても逃げ隠れしない。良い時も悪い時もチームで戦い、顧客と長く…

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1340文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです