メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

3・11それから

’18春/上 宮城・大川小遺族に新たな命 姉のこと、何を話そう

遥希ちゃん(左から2人目)と音ちゃん(同3人目)を見守る高橋清晃さん(右)と妻千春さん=宮城県涌谷町で、喜屋武真之介撮影

これまでの記事

 宮城県石巻市立大川小では児童108人のうち、死者・行方不明者が74人に上った。高橋清晃さん、千春さん夫婦も4年生の友さんと2年生の芽衣さんを亡くした。震災後しばらくは「亡くしたばかりなのに、もう一度、子供を持ちたいなんて考えていいのかな」と気持ちを抑え込んだが、震災から4年半となる15年夏、長男の遥希ちゃんが生まれた。高橋さん夫婦の記事は今回で8回目。

 すっかり慣れた足取りで歩き回る兄を気にするそぶりもなく、新しい命が寝息を立てていた。昨年10月、高…

この記事は有料記事です。

残り1256文字(全文1491文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. プロ野球 広島がリーグ3連覇 27年ぶり本拠地で決める
  4. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  5. 内閣改造 待機組約80人、首相支持派閥でパイ奪い合い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです