メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
旧優生保護法を問う

「多様性祝福する社会を」 世界に撤廃訴えた女性

 1994年9月にエジプトの首都カイロであった国際会議で、車いすの日本人女性が旧優生保護法(48~96年)の撤廃を求めた。札幌市に住むカウンセラーで当時38歳の安積遊歩(あさかゆうほ)さん(62)。2年後、同法は障害者らへの強制不妊手術などを廃止した母体保護法に改定された。「生まれつき優生思想を持つ人はいないはず」。生まれつき骨がもろい障害のある安積さんは言い、多様性を認め合う社会の到来を願う。

 性と生殖に関する自己決定権が議題となった国連の国際人口開発会議。「法廃止を呼びかけたい」と日本のN…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文847文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]