メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくおか探索

涼山亭 門司港の隆盛伝える建造物 文化財登録の苦労実る 井上さん夫妻「活性化のきっかけになれば」

心地よい風が吹く中庭に立つ井上マチ子さん(左)と柴田加奈子さん。住み着いたネコの姿を見かけることも

 昭和の映画スターも宿泊した北九州市門司区の「門司港涼山亭」(旧丸山山荘)が、国有形文化財に登録されることになった。門司港の隆盛を伝える歴史的建造物としての価値が認められたためだ。ただ、魅力はそれだけにとどまらない。登録に向けて尽力した建築の専門家は「現在お住まいの夫妻にこそ価値があるのです」と指摘する。その心とは。【比嘉洋】

 涼山亭(全17室)は観光客でにぎわう門司港レトロ地区から1・2キロ南東の閑静な高台に立地。木造の主…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1377文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 富田林署逃走 本部長が謝罪コメント「多大なご不安」
  3. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中
  4. ビアガーデン 猛暑で絶好調 福岡市内、昨年比増の客足続く /福岡
  5. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです