メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

文学賞選考延期 セクハラ・情報漏えい疑惑で

 【ロンドン矢野純一】ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミーは4日、今年のノーベル文学賞の選考を見送ると発表した。2019年の受賞者を発表する際、今年の受賞者も合わせて公表する。アカデミーのメンバーの夫によるセクハラや情報漏えい疑惑が昨年明らかになって以降、アカデミーの信頼が失われると共に、メンバー内の意見の対立で、選考作業に支障が出るおそれが指摘されていた。

 アカデミーは声明で「(セクハラや情報漏えいを巡り)次の受賞者を選考する前に、信頼を回復する必要があ…

この記事は有料記事です。

残り756文字(全文992文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです