メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はやぶさ2

「想定の課題ほぼやりきった」小惑星到着に「自信」

小惑星探査機はやぶさ2の運用訓練についてスライドを示しながら説明する佐伯孝尚はやぶさ2プロジェクトエンジニア=東京都千代田区の宇宙航空研究開発機構で2018年4月19日、永山悦子撮影

「リュウグウ」まで残り10万キロ 津田プロマネら記者会見

 小惑星探査機「はやぶさ2」が目的地の小惑星「リュウグウ」へ到着するまで、2カ月を切った。はやぶさ2とリュウグウの距離は約10万キロまで近付いており、計画では6月21日~7月5日の間に到着する予定だ。到着を前に、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は4月19日、津田雄一プロジェクトマネジャーらによる記者会見を開いた。世界で初めて小惑星の物質を持ち帰った「はやぶさ」以来、13年ぶりとなる小惑星探査を前に、津田さんは「到着するためには、最後の運用が非常に重要になる。慎重にやらねばならないと考えている。本番を想定した訓練で、想定できる課題はほぼやりきった。プロジェクトチームとしてかなり自信がついた」と語った。【永山悦子、池田知広】

この記事は有料記事です。

残り5222文字(全文5565文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです