メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
余録

大正時代の童謡「背くらべ」を聞けば…

 大正時代の童謡「背くらべ」を聞けば端午(たんご)の節句の様子が目に浮かぶ。<柱のきずはおととしの五月五日の背くらべ>。歌詞にはかわいい弟への思いが込められている▲2月に亡くなった作家、石牟礼(いしむれ)道子さんのエッセー「食べごしらえ おままごと」にも幼い弟とのその日の思い出が記されている。2人で父に連れられ、田んぼにショウブの葉を切りに行った。父はそれを弟の頭に巻いてやる。「丈夫になるごつ、大将になるごつ」と▲昭和の初め、熊本の家庭の光景だ。めったにわがままを言わないおとなしい弟がこの日ばかりははしゃいでいる。石牟礼さんはそれがうれしかった。弟は家族に囲まれ、祝いのごちそうが並ぶうたげが始まる▲きょうのこどもの日、誰もが祝ってもらえるだろうか。今の時代はそう心配する大人も多いはずだ。子供の貧困が広がる中、無料や低額で食事を提供する「子ども食堂」が今や全国で2286カ所まで増えた。家族でなくても、大人に見守られて食事をすることがいかに大切か▲童謡の「背くらべ」の歌詞は<ちまきたべたべ兄さんがはかってくれた背のたけ>と続く。石牟礼さんの家では母がちまきの代わりに「黒蜜カステラ」をこしらえた。特別な日のごちそうは、それぞれの家にある▲祝いのうたげに退屈したのか、弟はやがて眠り込む。石牟礼さんは「母が大切なものを急いでしまうように寝床に抱えてゆくのが常だった」と書いている。子供の幸せとは。きょうはそれを考える日でもある。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
    2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
    3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
    4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
    5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです