メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界自然遺産

登録延期、見通しに甘さ 奄美・沖縄、なお課題 推薦地「虫食い」対応後手

徳之島で昨年10月に行われたIUCNによる現地調査=鹿児島県徳之島で2017年10月14日、環境省提供

 政府が世界自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」について、国際自然保護連合(IUCN)が今年の登録を見送る「登録延期」を国連教育科学文化機関(ユネスコ)へ勧告した。日本の自然遺産について、登録延期となったのは今回が初めて。背景には、IUCNの現地調査で問題視された飛び地を推薦地とし、政府が推薦地に盛り込まなかった在日米軍の北部訓練場跡の自然環境をIUCNが重要視するなど、世界遺産登録への見通しの甘さがあった。【五十嵐和大、田中韻】

 「望む結果ではなかったが一喜一憂せず、今後の対応を考えたい」。「登録延期」の一報を受けて4日早朝に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  2. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初
  3. ザギトワ選手 再び「まどマギ」魔法少女まどかに メドベージェワ選手がほむらに “金銀コンビ”が日本CM初共演
  4. 米国 超音速兵器に危機感 中露優勢、迎撃難易度高く
  5. 元タレント羽賀研二受刑者を逮捕 強制執行妨害の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです