メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

大杉漣さんが演じた沈黙=伊藤智永

(上)太田省吾さん(下)大杉漣さん

 2月に急逝した俳優、大杉漣さんの追悼番組で北野武監督の映画「HANA-BI」を見た。

 大杉さんは銃撃されて歩けなくなった元刑事役。妻子に去られて自殺未遂を起こし、孤独な車いす生活を送るうちに、超現実主義的な絵を描く趣味に没頭する。

 下半身不随の設定とはいえ、上半身も表情もほとんど動かない。セリフもない。見ている方が不安になるくらいじっとしている。見つめていると、次第にかなしみが満ちてきて、無言であるがゆえの雄弁さに気づく。

 不思議な感覚に、思いがけない記憶を呼び覚まされた。自分はずっと昔、まだ10代の頃、この俳優と出会っ…

この記事は有料記事です。

残り1655文字(全文1919文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです