メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

文学賞見送り 専門家「良い折衷案」 ハルキストは落胆

 毎年秋に結果が注目されてきたノーベル文学賞の今年の発表が4日、見送られることが明らかになった。作家の村上春樹さんの受賞を期待し続けるファン“ハルキスト”は「寂しい」と落胆する。一方で海外文学の専門家からは、今回の決断を評価する声も上がった。

 選考主体のスウェーデン・アカデミーによる結果発表のインターネット中継をハルキストらが見守るイベントは、毎年10月の恒例行事となっていた。東京都杉並区のカフェ「6次元」店主のナカムラクニオ…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]