メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウニ

赤潮で減少 調査半世紀で裏付け 京大

 ウニ類が赤潮で減少することを、京都大瀬戸臨海実験所(和歌山県白浜町)などの共同研究グループが、田辺湾沖にある同大学所有の自然保護区・畠島(同町)での52年間の生態調査で裏付けた。赤潮が海の生態系に影響を及ぼすことは知られていたが、データが示されたのは初といい、4月25日、国際生態学誌「エコロジカル・インディケーターズ」電子版に掲載された。【菅沼舞】

 グループは1963~2014年に年1回、ムラサキウニ、タワシウニ、ナガウニ類の個体数を定点調査。1…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文579文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  3. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見
  4. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  5. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです