メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

ハルキスト「寂しい」 今年見送り

 毎年秋に結果が注目されてきたノーベル文学賞の今年の発表が4日、見送られることが明らかになった。作家の村上春樹さんの受賞を期待し続けるファン“ハルキスト”は「寂しい」と落胆する。一方で海外文学の専門家からは、今回の決断を評価する声も上がった。

 選考主体のスウェーデン・アカデミーによる結果発表のインターネット中継をハルキストらが見守るイベントは、毎年10月の恒例行事となっていた。東京都杉並区のカフェ「6次元」店主のナカムラクニオさんは自身もファンで、イベントの一つを主催してきた。「春樹さんの受賞発表がないのは少し寂しい」とがっかりしつつ「来年まとめて2人の受賞者が発表されるなら…

この記事は有料記事です。

残り438文字(全文729文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです