メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル文学賞

アカデミー権威に傷 性的暴行疑惑

 今年のノーベル文学賞の発表が見送られることが決まった。選考主体であるスウェーデン・アカデミーを舞台にした性的暴行疑惑など数々のスキャンダルが原因で、こうした理由での見送りは前代未聞だ。1901年に創設され、世界で最も有名で権威があるとされる文学賞の伝統に大きな傷が付いた。

 1786年創設でスウェーデン最高権威の学士院であるアカデミーは、ノーベル賞の名誉ある地位を維持できるか、正念場に立たされている。性的暴行疑惑への対応などを巡る内部対立を早期に収束させ、改革を行うことがその鍵を握る。

 世界に輝くノーベル賞はスウェーデンの国際的な地位を高めるのに貢献。一方で、同国は男女平等の先進国と…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文668文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
  2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
  4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです