メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レア ★★★★ 

    グルメ ★★★★★

    古代度こだいど ★★★★★

    評価ひょうか写真しゃしん沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん最大さいだい★5)

    生息域せいそくいき 太平洋たいへいよう大西洋たいせいよう近海きんかい水深すいしん500~1000メートル

    体長たいちょう やく2メートル


     東京とうきょう未知みち生物せいぶつ上陸じょうりくし、そのはゴジラに成長せいちょう--。2016年公開ねんこうかい映画えいが「シン・ゴジラ」では、ゴジラが進化しんかする様子ようす話題わだいになりました。ラブカは、ゴジラのちいさいころのモデルとして、られるようになりました。しかし、実物じつぶつはあまり変化へんかしません。3億年以上前おくねんいじょうまえ古代こだいザメとおな特徴とくちょうで、「きている化石かせき」とばれます。

     エラは現代げんだいのサメよりひとおおい6れつあり、フリルのようにえることから、英名えいめい「フリルド・シャーク(フリルつきのサメ)」の由来ゆらいに。映画えいがでもこのエラが不気味ぶきみでした。塩焼しおやきにすると、ふっくらとあぶらがのっておいしくなります。


    沼津港深海水族館ぬまづこうしんかいすいぞくかん

     深海魚しんかいぎょをメインとする水族館すいぞくかんで、世界せかいでも数少かずすくない冷凍れいとうシーラカンスを展示てんじしています。日本一深にほんいちふか駿河湾するがわん最深さいしん2500メートル)に生息せいそくする深海魚しんかいぎょなどのほか、ダイオウグソクムシの透明骨格標本とうめいこっかくひょうほんられます。

    アクセス

    住所じゅうしょ      静岡県沼津市千本港町しずおかけんぬまづしせんぼんみなとまち83番地ばんち

    最寄もよえき   JR東海道線とうかいどうせん沼津駅ぬまづえきからバスでやく15ふん

    休館日きゅうかんび    保守点検ほしゅてんけん臨時休業以外りんじきゅうぎょういがい年中無休ねんじゅうむきゅう

    営業時間えいぎょうじかん 午前ごぜん10午後ごご

    夏期かき冬期とうき繁忙期はんぼうき変更へんこうする場合ばあいがあります)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]