メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語学学校のクラスメートたちと記念撮影。アルビナさんは後列右から3人目。ディエルくんは前列中央

 4月から通う語学学校の先生たちのルーツが多様だったという話を前回は書きました。

 「じゃあ学生はどんな感じ?」という質問をいただきました。

 それは、毎日新聞国際面のような感じです。

 では、お手持ちの毎日新聞スマホアプリか紙面を開いていただいて! 8面か9面あたりに、実にいろんな国と地域のニュースが所狭しと並んでいますよね。語学学校も、例えるとそんな様子。多いのはフランスの近隣の国々や日本、韓国の学生たちです。

 一方、紛争などの現場となってその名前が広く知られるようになった地域と関わりを持つ学生もいます。

この記事は有料記事です。

残り1294文字(全文1548文字)

久野華代

1983年三重県生まれ。東京外国語大学を卒業後、2006年に毎日新聞に入り北海道や東京で記者として働いた。日当たりの良いテーブルか、あたたかい布団で本を読むことが好き。寒い部屋ならルイボス茶をいれる。山菜採りも好き。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです