メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パルミラ 歴史学者の誇り(その1) 命かけ守った収蔵品

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門はアーチ部分が崩落し、がれきと化していた。神殿は破壊され、目の前にあるのは岩の塊だ。「砂漠の中の世界遺産」として知られるシリア中部のパルミラ遺跡。内戦下、周辺では地雷処理の音が「パーン」と響く。

 「砂漠の花嫁」と称されたパルミラは2~3世紀、シルクロードの東西交易で最盛期を迎えた。過激派組織「イスラム国」(IS)はこの都市遺跡を破壊し尽くした。パルミラ博物館の石像も引き倒されている。ISはイスラム教誕生以前の遺跡を敵視した。偶像崇拝も厳禁のため、彫像の顔を削り取り、略奪品は密売に回した。

 博物館はほとんど「空っぽ」だ。だが、シリア軍兵士は「数百点あった収蔵品の一部は首都ダマスカスにある…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです