メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パルミラ 歴史学者の誇り(その1) 命かけ守った収蔵品

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門はアーチ部分が崩落し、がれきと化していた。神殿は破壊され、目の前にあるのは岩の塊だ。「砂漠の中の世界遺産」として知られるシリア中部のパルミラ遺跡。内戦下、周辺では地雷処理の音が「パーン」と響く。

 「砂漠の花嫁」と称されたパルミラは2~3世紀、シルクロードの東西交易で最盛期を迎えた。過激派組織「イスラム国」(IS)はこの都市遺跡を破壊し尽くした。パルミラ博物館の石像も引き倒されている。ISはイスラム教誕生以前の遺跡を敵視した。偶像崇拝も厳禁のため、彫像の顔を削り取り、略奪品は密売に回した。

 博物館はほとんど「空っぽ」だ。だが、シリア軍兵士は「数百点あった収蔵品の一部は首都ダマスカスにある…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文769文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]