メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

パルミラ 歴史学者の誇り(その1) 命かけ守った収蔵品

 古代ローマ時代の凱旋(がいせん)門はアーチ部分が崩落し、がれきと化していた。神殿は破壊され、目の前にあるのは岩の塊だ。「砂漠の中の世界遺産」として知られるシリア中部のパルミラ遺跡。内戦下、周辺では地雷処理の音が「パーン」と響く。

 「砂漠の花嫁」と称されたパルミラは2~3世紀、シルクロードの東西交易で最盛期を迎えた。過激派組織「イスラム国」(IS)はこの都市遺跡を破壊し尽くした。パルミラ博物館の石像も引き倒されている。ISはイスラム教誕生以前の遺跡を敵視した。偶像崇拝も厳禁のため、彫像の顔を削り取り、略奪品は密売に回した。

 博物館はほとんど「空っぽ」だ。だが、シリア軍兵士は「数百点あった収蔵品の一部は首都ダマスカスにある…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです