メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

政権の体質改善のために 官邸の新陳代謝促そう=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

=手塚耕一郎撮影

 政権の運営を巡るさまざまな問題が中ぶらりんのまま、ゴールデンウイークが終わろうとしている。

 公文書の改ざんや隠蔽(いんぺい)の横行は、戦後日本を支えて来た屋台骨の一つである官僚組織のモラルが、人事権を握る官邸に対する“忖度(そんたく)”で、ずたずたになっていることを示した。前財務事務次官のセクハラ問題も、このまま真相究明なしで済ますべきものではない。これらは「内憂外患」で言えば「内憂」なのだが、政権は特段の責任も再発防止策も取らないまま批判に耐え続け、北朝鮮問題という「外患」に国民の注意が向くのを待っているようだ。それで結局、政府の体質改善が進まない結果となることを、筆者は恐れる。

 政権の持久消耗戦略を支えるのは、3~4割を保ち続けている支持率だ。さすがに不支持率は一部調査で5割…

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1735文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. 囲碁・将棋スペシャル 将棋 C級1組 泉八段 順位戦最後の将棋 「これからは見る側に」
  4. 習志野が10年ぶり初戦突破 一回に猛攻 日章学園降す
  5. 明豊が三回一気に逆転 横浜・及川は5点を奪われ降板

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです