メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

アサヒ飲料 ウィルキンソン 英国人が宝塚山中で発見

=アサヒグループホールディングス提供

 アサヒ飲料の「ウィルキンソン」は、110年以上の歴史がある兵庫県発祥の国産炭酸水だ。

     1889年、日本に住む英国人実業家のジョン・クリフォード・ウィルキンソン氏が宝塚の山中で狩猟中、炭酸鉱泉を偶然発見したのが始まり。英国に送って分析したところ、良質なミネラルウオーターになるとの結果が出た。翌年設備を英国から取り寄せ、鉱泉を瓶詰めにして「仁王印ウォーター」の名で販売を開始。1904年には西宮市に工場を移転し、創業者にちなんだ「ウヰルキンソン・タンサン」に名称を変えた。

     発泡性の水を飲む習慣があった外国人に重宝された。大正天皇にも献上された。

     通常、海外では炭酸水を「ソーダ」と呼ぶ。日本で「タンサン」と呼ぶのが一般的なのは「ウヰルキンソン」の影響だという。戦後、朝日麦酒(現アサヒビール)が販売契約を結び、89年に「ウヰルキンソン」は「ウィルキンソン」となった。

     ウイスキーやカクテルの割り材として長年利用されてきたが、近年は「強めの炭酸」をアピールして、そのまま飲むスタイルを提案。2008年から10年連続で販売実績を伸ばし、販売数量は約10倍になった。500ミリリットルのペットボトル容器採用は11年と比較的新しい。

     15年にはウィルキンソンの名を冠した缶チューハイを発売するなど、炭酸飲料にとどまらない広がりをみせている。【藤渕志保】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]