メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタイイタイ病

腎臓縮小 カドミウム影響、造血機能も損傷 富山大分析

 亡くなったイタイイタイ病患者の腎臓を調べたところ、大きさが約6割縮小し、特に水分調節や造血ホルモン分泌の機能を持つ部位が大きく損傷していたとの分析結果を、富山大の研究チームがまとめた。イ病の公害病認定から8日で50年。原因物質のカドミウムに侵された腎臓の詳しい組織の状態が、初めて明らかになった。

 今回の研究成果が、カドミウムによる腎症の予防法や治療法開発につながり、中国など海外で現在も懸念される健康被害の防止に役立つ可能性がある。

 調査を手がけたのは、井村穣二・同大教授(病理診断学)ら。同大が保管するイ病患者38人分と、比較対象…

この記事は有料記事です。

残り1161文字(全文1429文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. WEB CARTOP 男子が乗るとドン引かれる!  あまりに見た目がカワイすぎるクルマ5選
  3. 懲戒処分 交際女性にけが 県職員 /熊本
  4. 堺市長「赤字」パーティーも 自身も疑問視の政治資金問題 収拾つかず
  5. 山口・乳児暴行死 県「厳粛に受け止める」 関係機関の対応検証へ /山口

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです