メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤十字国際委員会

医療の破壊、市民の窮状訴える動画公開

 国連安全保障理事会で紛争地の医療施設などを保護する決議が採択されて2年となる今月3日、赤十字国際委員会(ICRC、本部=ジュネーブ)は病院などへの攻撃が後を絶たない現状を伝えるショートムービー「HOPE:Why we can’t save her life~希望:彼女の命を救えなかった理由~」(https://youtu.be/mag-jlqeGAU)を動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開した。

 映像は長さ1分48秒。戦闘に巻き込まれ、腹部に致命傷を負った娘を自家用車で病院に運ぶ父親の姿を描く…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文636文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです