メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

ディープ産駒サクソンウォリアー、無傷で英国1冠制覇(スポニチ)

 英国ニューマーケット競馬場で5日、「英2000ギニー」(G1、芝1600メートル)が行われ、ディープインパクト産駒の日本産馬サクソンウォリアー(牡、愛・オブライエン厩舎)が抜け出し、無傷の4連勝でクラシック1冠を手にした。騎手はD・オブライエン。同馬はノーザンファーム生まれで母はメイビー(その父ガリレオ)。ディープインパクト産駒は12年にビューティーパーラー(牝)がフランス1000ギニー(日本の桜花賞に相当)を勝っている。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    2. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
    5. 大阪震度6弱 休校、ガスや水道停止 日常生活の影響続く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]