メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

普賢菩薩騎象像 作者不明 救われたい 祈り込め

国宝、平安時代(12世紀)、木造・彩色・截金(きりかね)、像高55.2センチ、総高140.5センチ、東京・大倉集古館蔵

 1889年に岡倉天心らが創刊した日本と東洋の美術研究誌「国華(こっか)」。その130周年を記念する本展は、名作が生み出された「つながり」を考察する異色の展覧会。国宝・重要文化財を多数含む計130件の絵画や彫刻、工芸品を12のテーマに沿って紹介する。

 仏教美術に焦点を当てた冒頭で目を引くのが本作。法華経を護持する者を救う普賢菩薩(ふげんぼさつ)が蓮華(れんげ)座に座り、象の背に乗っている。約900年前の彩色や文様がよく残り、名品と呼ぶにふさわしい美しさだが、本展では仕草に注目する。

 両手を胸前で合わせ祈る合掌のポーズ。法華経に登場する普賢菩薩は白玉色の肌をして、6本の牙がある白い…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文908文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まで、 あと2勝
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. EU 対米報復関税発動 総額3600億円規模

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]