メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 日本女子、一歩前進 3大会連続銀メダル

3大会連続の銀メダルを獲得した日本の(左)伊藤(中)平野=TT・AP(右)石川=TT・ロイター

 【ハルムスタード(スウェーデン)共同】卓球の世界選手権団体戦第7日は5日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、47年ぶり9度目の優勝を目指した女子の日本は決勝で中国に1-3で敗れ、3大会連続の銀メダルだった。中国は4大会連続21度目の制覇。

 準決勝まで全員が無敗で勝ち上がった日本は第1試合で伊藤美誠(スターツ)が劉詩〓に3-2で競り勝った。しかし第2試合は平野美宇(日本生命)が丁寧に、第3試合で石川佳純(全農)が朱雨玲に、第4試合は平野が劉詩〓にいずれもストレートで敗れた。

この記事は有料記事です。

残り611文字(全文852文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「4人に青酸」「死刑、覚悟できている」青酸連続殺人の筧千佐子被告が記者に心境
  2. 半年前を思い出す大揺れ 札幌・タクシー乗り場に長い列も 北海道地震
  3. 3分遅刻の結果は5時間中断 桜田氏「心から深くおわび」 衆院予算委
  4. 「とても驚いた」「ぎょっと…」夜間の大揺れに厚真町民 北海道地震
  5. 体長3.4mダイオウイカ死骸 河口に 島根・浜田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです