メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

日本女子、準Vも一歩前進 初戦制し中国脅かす

 卓球の世界選手権団体戦第7日は5日、スウェーデンのハルムスタードで行われ、47年ぶり9度目の優勝を目指した女子の日本は決勝で中国に1-3で敗れ、3大会連続の銀メダルだった。中国は4大会連続21度目の制覇。

 準決勝まで全員が無敗で勝ち上がった日本は第1試合で伊藤美誠(スターツ)が劉詩雯に3-2で競り勝った。しかし第2試合は平野美宇(日本生命)が丁寧に、第3試合で石川佳純(全農)が朱雨玲に、第4試合は平野が劉詩雯にいずれもストレートで敗れた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです