メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

女子は打倒中国へ前進 男子は東京へ再出発

 卓球の世界選手権団体戦は6日に閉幕し、日本は女子が3大会連続の準優勝、男子は6大会ぶりにメダル獲得を逃して明暗が分かれた。今回も決勝で中国に敗れたが、女子は伊藤美誠(スターツ)が1勝を挙げ「打倒中国」の目標に一歩前進する成果を上げた。

 伊藤はサーブ、レシーブとも多彩で、追い込まれてからの技術の豊富さが光った。強心臓も改めて証明。1番手として勝利をもぎとり、相手を脅かしたことは、伊藤にとって自信になると同時に、今後の対戦にもいい影響を与えそう…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  3. 韓国国会議長「日本は盗っ人たけだけしい」 謝罪要求に反発
  4. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  5. 支局長からの手紙 ATMの撤去 /島根

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです