メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界卓球

女子は打倒中国へ前進 男子は東京へ再出発

 卓球の世界選手権団体戦は6日に閉幕し、日本は女子が3大会連続の準優勝、男子は6大会ぶりにメダル獲得を逃して明暗が分かれた。今回も決勝で中国に敗れたが、女子は伊藤美誠(スターツ)が1勝を挙げ「打倒中国」の目標に一歩前進する成果を上げた。

 伊藤はサーブ、レシーブとも多彩で、追い込まれてからの技術の豊富さが光った。強心臓も改めて証明。1番手として勝利をもぎとり、相手を脅かしたことは、伊藤にとって自信になると同時に、今後の対戦にもいい影響を与えそう…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです