メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(17)ベーブ・ルースの孫が語る祖父と大谷

ベーブ・ルースの等身大の写真の横で笑顔を見せる孫のリンダ・ルース・トセッティさん=米東部コネティカット州ダーラムで2018年4月22日、長野宏美撮影

 「日本のベーブ・ルースだ」「ベーブ・ルース以来の記録」--。投打で活躍する米大リーグ、エンゼルスの「二刀流」、大谷翔平選手(23)が大リーグ入りを決めて以来、100年前に活躍した「野球の神様」の名前を何度も耳にする。今も語り継がれる名選手ベーブ・ルース(1895~1948年)。どんな人物で、子孫は今、大谷選手をどう見ているのか。米東部コネティカット州ダーラムに住む孫娘リンダ・ルース・トセッティさん(63)に会いに行った。

この記事は有料記事です。

残り2277文字(全文2490文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  5. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです