メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・トップに聞く

三木俊克・工業所有権情報・研修館理事長

三木俊克氏

中小企業の知的財産の活用を支援

 人口減少下で国内市場の拡大に多くを期待するのは難しい。中小企業も積極的に海外の需要を取り込むべきだ。しかし、現実には、さまざまな困難が伴う。技術や営業秘密の流出防止もそのひとつだ。そうした中で、特許や、ブランド力につながる商標権など知的財産権は、付加価値を生み出す源泉でもある。中小企業の知財戦略をサポートしてきた工業所有権情報・研修館(INPIT、インピット)の三木俊克理事長に、課題と抱負を聞いた。(児玉平生)

 --業務内容と、重点分野を説明してください。

この記事は有料記事です。

残り2753文字(全文2999文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです