メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外山口県沖で空自F2戦闘機レーダーから消える 2人が搭乗
毎日フォーラム・ファイル

防災行政無線 負担軽減で情報難民ゼロへ 消防庁

家屋内に取り付けられた防災行政無線の戸別受信機を指し示す男性。男性の自宅は火事の被害を免れた=新潟県糸魚川市で2016年12月25日

標準モデル示し戸別受信機の普及促進

 避難勧告や緊急警報を屋外スピーカーでなどで流す市町村の防災行政無線(同報系)は、地理的条件や天候などで聞こえにくいケースもあることから、総務省消防庁は戸別受信機の普及促進に力を入れている。特に高齢者や障害者ら災害弱者には戸別受信機が有効で、同庁は財政的支援のほか、標準モデル・仕様を設定してコストを下げて市町村の負担軽減を図り「情報難民ゼロ」を目指している。

 同庁によると、公共施設に設置された屋外スピーカーや住宅内の戸別受信機を使って市区町村側の情報を一斉…

この記事は有料記事です。

残り2312文字(全文2559文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. いじめか 数人で男子生徒に暴行する動画をインスタに投稿 新潟青陵高校
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 注目裁判・話題の会見 元モーニング編集次長は妻を殺害したのか 東京地裁・初公判詳報
  5. ややパリには遠く~南仏留学記 寒さを避けて楽しむ「ゲームの夜」 冬場のフランス、こんな過ごし方も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです