メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核合意

英独仏は合意維持強調

 【ロンドン矢野純一、ベルリン中西啓介】ドイツを訪問中のフランスのルドリアン外相は7日、イラン核合意から米国が離脱しても、英独仏の3カ国は、合意を維持すると改めて強調した。英独仏は「核合意に欠陥がある」と指摘するトランプ米大統領に理解を示しながらも、「核合意の枠組みを維持し、中東を不安定化させるイランの行為を抑制する」としている。

 ルドリアン氏はベルリンでマース独外相と会談。ルドリアン氏は「核合意はイランが核兵器を保有することを…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文585文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです