メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 小崎哲哉さん 感覚に訴える空間

 ■現代アートとは何か 小崎哲哉(おざき・てつや)さん 河出書房新社・2916円

 現代アートの現状に対する危機感に貫かれた本だ。「ニューズウィーク日本版」ウェブサイトで2年近く執筆した連載をまとめた。マーケットに依存するアートワールドや大衆に迎合する美術館、批評の停滞など世界的な動きをジャーナリストの立場から描きつつ、現代アートの今とこれからを問うた。

 「グローバル化に伴う経済格差の拡大により、一握りの大富豪がマーケットを占有し、作品の価値を左右する…

この記事は有料記事です。

残り683文字(全文910文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです