メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

春のアサリご飯 菜の花のおひたし うまみに香る若ゴボウ

春のアサリご飯(左)と菜の花のおひたし=大西岳彦撮影

 ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしたか。遊び疲れた体を旬のもので癒やしましょう。西川ヘレンさん直伝の今回の料理は、春のアサリご飯と菜の花のおひたしです。

 アサリご飯の具は、タケノコとアサリ、それに若ゴボウです。若ゴボウは大阪・八尾特産の春野菜。この連載でも4年前に炒め煮を紹介しました。長い茎が特徴で、フキとよく似てます。根はあまり太っておらず、茎はしゃきっとしているものがいいそうです。西川家の大好物で「きんぴらや天ぷら、お揚げさんとの炒め煮もおいしいですよ。香りが大好き」とヘレンさん。今回は、なければフキで代用してください。

 若ゴボウは茎の部分を使います。さっと湯がいて小口切りに。アサリは鍋に水と酒と一緒に入れて強火にかけ…

この記事は有料記事です。

残り1389文字(全文1707文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 特集ワイド 「昭和の夜」また一つ 伝説のキャバレー「ハリウッド」、58年の歴史に幕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです