メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民民主党

県内対応割れる 国会議員、合流か離党 /福島

 民進党と希望の党が7日発足させた新党「国民民主党」を巡り、県選出の国会議員の間で対応が割れている。民進党の増子輝彦参院議員と希望の党の小熊慎司衆院議員(比例東北)は新党に合流。玄葉光一郎衆院議員(福島3区)は6日に、金子恵美衆院議員(同1区)は7日にそれぞれ離党届を提出し、2人とも無所属で活動する。

 こうした動きを受け、民進党県連も6日、常任幹事会を開催。60人の地方議員に対し、新党に参加しない場…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 久間元防衛相 詐欺容疑で会長逮捕のテキシアのパーティーであいさつ
  2. 自衛隊エピソードは空自幹部の息子 安倍首相明かす
  3. 白血病などの遺伝子治療製品、国内初承認へ
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. 防衛省 空自F2後継機は新規開発 既存改良はコスト高く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです