メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昭和見ぃつけた

北陸まち歩き/8止 金沢・銭湯 心も開放、みんな友達 /北陸

石川昭和1

 金沢の街を歩いていると、「ゆ」と書かれたのれんや煙突に出くわす。市内では21軒の銭湯が営業していて、近年は地元の常連客だけでなく、国内外の観光客が昔ながらの銭湯文化を楽しんでいるという。その魅力に浸るべく、1軒の銭湯を訪ねた。

 兼六園から徒歩5分の「みろく温泉元湯」。1954年創業の老舗で、77年の改装以来、たたずまいはほとんど変わらない。同じ敷地内で接骨院を営む3代目の宮本孫文(まごふみ)さん(52)が案内してくれた。

 のれんをくぐると、クラシックなスタイルの番台が。女湯の「おかまドライヤー」は40年選手という。脱衣…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1341文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大相撲 貴乃花親方が相撲協会に退職届を提出
  2. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  3. 苫小牧の国道 交差点で衝突事故 6歳女児と母の2人死亡
  4. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです