メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コウノトリ

こんにちは赤ちゃん♪ ひな誕生 県内54年ぶり 越前市 /福井

卵からふ化したコウノトリのひな=福井県越前市で、同県自然環境課提供

 越前市白山地区で飼育する国特別天然記念物コウノトリのペアに7日、待望の2世が誕生した。先月産んだ卵4個のうち1個から、ひながふ化しているのを県自然環境課が確認した。県内でひなの誕生が確認されるのは54年ぶりで、関係者らは「待ちに待った瞬間」と喜びに沸いている。

 担当の飼育員が7日午前10時40分ごろ、ふ化したひなを目視で確認した。グレーの毛に包まれたひなは「キュウ、キュウ」と可愛らしい声で鳴き、健康面に問題はないという。性別は生後40日前後に判明の見通しで、羽の付け根から抽出した細胞をDNA検査する。

 2世を授かったペアは、兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷公園から、2011年に借り受けた「ふっくん」…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪
  3. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田
  4. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  5. 夏の高校野球 滞在費ピンチ 金足農OBが寄付金募集

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです