メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

君たちはどう学ぶか=玉木研二

 <ka-ron>

 民俗学者、柳田国男が栃木県を訪ね、旧制栃木中学(現県立栃木高校)の生徒たちを前に講演したのは、1924(大正13)年6月23日だった。題して「歴史は何の為(ため)に学ぶ」。この講演録は「旅行と歴史」と改題、岩波文庫「青年と学問」などで読み継がれている。

 柳田は説く。社会はすべて歴史の産物であり、学ばなければならない。治乱興亡ではない。学んで「もう十分」と小さな満足をせぬことだ。どこまでも先がある。本さえ読んでいればいいのではない。文字以外の史料が地方の家には充満している……。

 そして、ともすれば歴史は「考える」ものではないという誤解を、強く戒める。

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  2. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  3. 離婚慰謝料 不倫相手が賠償、判断 最高裁弁論
  4. 定年離婚 妻は真剣? 子どもあり28%「考えた」
  5. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです