メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

道徳の教科化スタート 多様性理解の入り口に=水戸健一(東京社会部)

道徳の授業で先生の問いに答えようと手を挙げる子どもたち=東京都国分寺市の国分寺市立第五小学校で2月16日、金秀蓮撮影

 道徳が今春、小学校で教科化された。中学校は来春の教科化が決まっている。検定教科書に基づいた指導は、教育勅語をなぞった国定教科書が使われた戦前の「修身」をほうふつとさせるなどとして、反対の声も根強い。だが、授業は始まった。いつまでも教科化の是非にこだわるのではなく、目標に掲げられた「物事を多面的・多角的に考える」ことを通じ、個人の多様性や社会の寛容性についての理解を深められる教科にしていくことが重要ではないか。新しい機会として生かしたい。

 1958(昭和33)年に始まり、戦後生まれの多くが経験した教科外活動の「道徳の時間」は、国語や算数…

この記事は有料記事です。

残り1750文字(全文2021文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです