メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国・四川大地震

10年 教訓、日中で伝承 防災の連携強め

救急医療のフォーラムで、日本の緊急援助隊の当時の活動を紹介する山形県立中央病院の森野一真副院長(中央)=中国・成都で2018年5月5日、工藤哲撮影

 【成都(中国四川省)で工藤哲】9万人近い死者・行方不明者を出した中国の四川大地震(2008年5月)から12日で10年を迎えるのに合わせ、当時の教訓を伝えるフォーラムが四川省で相次いで開催されている。9日に東京で開催される日中韓首脳会談を控え、出席者からは防災面での日中連携を求める声が出ている。

 5日に成都で開かれた救援医療に関するフォーラムには約1000人が参加。中国政府の応急管理の専門家は、10年間で被災地の建物が再建され、情…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS トミカファンのコレクター欲を刺激する「武将コレクション」 2月は「伊達政宗」を大胆デザイン
  2. WEB CARTOP イラッ! 駐車場はガラガラなのになぜか隣にクルマを駐めてくる「トナラー」の真意とは
  3. 桜田五輪担当相が衆院予算委に遅刻 質疑中断
  4. 4歳長女に傷害容疑、母逮捕 全身100カ所の傷痕 鹿児島
  5. 安倍首相「桜田氏が東京五輪招致尽力」発言を訂正 前任と混同

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです