メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福祉車両

市場に注力 メーカー、新型続々 進む高齢化

車いすのまま乗れる主な福祉車両

 車いすの乗り降りなどに対応した福祉車両の販売てこ入れに、自動車各社が乗り出している。軽自動車税増税や新型車不在の影響で近年は販売低迷が続いていたが、高齢化の進展で長期的な市場拡大が見込めるだけに、新型車両投入で巻き返しに懸命だ。【竹地広憲】

 福祉車両は軽自動車税の減免があるものの、2015年4月の軽自動車税増税前に「知らずに駆け込みで購入する人が増えた」(軽自動車メーカー)結果、反動で15年度以降販売が低迷した。17年度は軽自動車が3年ぶりに増加に転じたものの、市場のほぼ半数を占める普通・小型車で目立った新型車が無かったことが響き、福祉車両市場全体の販売台数は前年度比2・2%減の4万3494台と3年連続で前年を下回った。

 巻き返しを図るため各社が力を入れているのが、使い勝手の改善と安全性の向上だ。

この記事は有料記事です。

残り875文字(全文1229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. モルディブ 野党連合のソリ氏、大統領に
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 教育の窓 ランドセルが重い 教材置いてっていいですか
  5. 「灯り路」 秋夜に浮かぶ中山道 柔らかな光楽しむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです