メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

マクロン訪米とイラン合意の行方=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

 マクロン仏大統領の4月下旬の3日間にわたる訪米の最大の目的は、トランプ米大統領が5月12日を期限とするイランとの核合意枠組みからの離脱阻止だった。

 マクロン氏は4月25日に米上下両院合同会議で「もし国際枠組みをわれわれが軽視すれば、隙間(すきま)を埋めるのは専制国家群となろう」と述べ、2025年までイランに核開発を抑制させ、他方でイランへの経済制裁解除を約束する核合意枠組み継続の重要性に言及した。

 トランプ氏との会談では、イランに対して追加的な規制を迫るとした。シリアでのイラン兵による軍事展開の…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文701文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです