メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタイイタイ病

公害認定50年 悲劇の風化憂う 苦痛と苦悩、撮り続け

痛みを和らげるため畳ごと病院に運ばれる患者の小松みよさん。損賠訴訟原告団の先頭に立った=富山県の旧婦中町で1955年

 むしろ旗を立てて抗議する住民、しめやかに柩(ひつぎ)が運ばれる野辺送り。富山県の神通川流域で「イタイイタイ病」(イ病)の患者を追い続けた写真家、林春希さん(68)=名古屋市=のフィルムは3万6000カットに及ぶ。ほとんど未公開のまま、県立イタイイタイ病資料館に保管されている。国が全国で初めて公害病と認めた1968年5月8日から半世紀。「風化させず語り継いでほしい」。林さんの思いは強くなるばかりだ。【鶴見泰寿、森野俊】

 林さんは当時、報道カメラマンを目指し、東京綜合写真専門学校に通う学生だった。水俣病の問題を撮影した…

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1073文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです