メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタイイタイ病

50年 「患者の生前救済を」 「死後」は二重苦

イ病に死後認定された義母・操さんの遺影を持つ橋本利恵子さん=富山市新保で4月28日

 四大公害病の一つであるイタイイタイ病(イ病)を国が初めて公害病と認定し、8日で半世紀。病の苦痛、認定されない憤りという二重の苦しみを抱えながら逝ったのが、死後認定の患者たちだった。富山市の看護師、橋本利恵子さん(67)の義母で1990年に死去した操さん(享年71)もその一人。橋本さんは、仕事でもイ病患者と向き合うようになり、「死後にやっと認定された患者がいる事実を知ってほしい」と今も訴え続ける。(12面に特集)

 大正生まれの操さんは、イ病被害が大きかった富山市新保地区の農家で生まれ育った。神通川の河原で遊んで…

この記事は有料記事です。

残り1353文字(全文1611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  2. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  3. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  4. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に
  5. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです