メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衣・FASHION

レジンでアクセサリー 好みの材料で自由自在

四角い型(モールド)を使ったイヤリング(前左)と丸いミール皿を使ったイヤリング(前右)=佐々木順一撮影

 紫外線(UV)で固まる樹脂、UVレジンのアクセサリーが人気だ。材料は100円ショップでも手に入る。簡単なイヤリングの作り方を、アクセサリーパーツを販売する貴和製作所(本店・東京都台東区)で聞いた。

    基本の道具。(左上から時計回りに)UVライト、レジン液、爪ようじ、ピンセット、パーツを乗せておく皿、ミール皿、シリコンモールド=田村佳子撮影

     レジンの魅力は自由度の高さだ。「ドライフラワーを入れたり、お気に入りの写真を入れたりできる。作品もペンダントやヘアアクセサリーから指輪、ボタンなどと幅広く作れます」と貴和製作所店舗運営本部の石井桃子さん。手芸店には、装飾用のパールやクリスタル、レジンの中でキラキラ光るラメの薄片、色とりどりの着色剤、流し込むだけでボタンができる型など目移りするほどの材料が並び、夢が膨らむ。

     最低限準備が必要なのは、レジン液と、液を流し込む「モールド」と呼ばれる型か液をたらす「ミール皿」と呼ばれる台、それに装飾パーツだ。ピンセットと爪ようじも用意する。3000円前後で販売されているUVライトがあると、数分でレジンを固められる。ライトがなくても、太陽光に15分~1時間ほど当てれば固まる。

     レジン液はハード、ソフトなど数種類あるが、初心者はハードタイプを。しっかり固まり、つやのある仕上がりになる。接着剤としても働き、今回のイヤリングパーツもレジン液で留めている。つやの出方や乾く速さ、揮発性の臭いの有無などは製品によって異なる。

     作り方の基本は、レジン液を少量流し、そこに装飾用パーツを置き、必要に応じてレジン液を足して紫外線で固めるだけ。途中で気泡ができてしまったら、爪ようじでつついて空気を逃がす。紫外線が当たらなければ固まらないので、慌てず作れるのも魅力だが、必ず太陽光のないところで作業を。着色剤を多く入れると固まりにくくなるので、初心者には失敗のもと。まずは透明のレジンで挑戦するのが無難だ。

     今回の材料費は四角いイヤリングのパーツが約1200円、丸いものは約2050円。ほかにレジン液が必要だが、少量ずつしか使わないので、1本購入するといくつも作れる。石井さんは「時間もかからず失敗しにくいので、ぜひ試してみてください」と話す。【田村佳子】


    《共通の材料》レジン液ハードタイプ▽クリスタル数色▽アクリル無穴パール▽イヤリングパーツ(チョウバネ)

    【上】写真1【下】写真2

    イヤリング(四角)

    《追加の材料》金属パーツ(四角)▽シリコンモールド(型枠)

    《作り方》

    <1>モールドの3分の1の高さまでレジン液を流し込み、爪ようじで隅まで延ばす。

    <2>四角い金属パーツをピンセットで入れ、次にクリスタル、パールを入れて、爪ようじで位置を調整する=写真[1]。型の底がイヤリングの表側になるので、表裏のあるパーツは表側を下にする。

    <3>UVライトを1分照射して固める。

    <4>枠からあふれないようにレジン液を満たし、再度UVライトで固める。

    <5>レジン液を中央に直径1センチほど垂らす。その上にイヤリングパーツをしっかり乗せ、ようじでパーツの表側にもレジン液を広げる=同[2]。

    ※光の届きにくい裏側はレジンが固まりにくいため、表側も固める。

    <6>UVライトで固める。

    【上】写真3【中】写真4【下】写真5

    イヤリング(丸形)

    《追加の材料》15ミリミール皿▽丸カン

    《作り方》

    <1>ミール皿にレジン液を少量注ぎ、全体に薄く延ばす=同[3]。

    <2>ピンセットでクリスタルとパールを乗せ、ようじで位置を調整する。パーツがレジンに少しでも触れるようにするのがコツ=同[4]。

    <3>UVライトで固める。

    <4>イヤリングパーツの裏側にレジン液を広げる。ミール皿の裏に当て、両手で押さえてUVライトに数秒当てて仮留めする=同[5]。

    <5>イヤリングパーツの表側にもレジン液を流して広げ、UVライトで固める。

    <6>ミール皿に丸カンを通し、クリスタルをつるす。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
    2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
    3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
    4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
    5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]