メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

晴れの舞台もう一度 床山、床鶴さん

春場所で優勝した横綱鶴竜のまげを結う井筒部屋の一等床山、床鶴さん=松田嘉徳撮影

 幕内の最高優勝は、優勝者を担当する床山にも憧れの舞台だ。千秋楽最後の取組と表彰式の間にまげを直す姿は、テレビ中継にも映し出される。鶴竜を担当する床鶴さん(57)=井筒部屋=にとっても、先の春場所は2016年九州場所以来の晴れ舞台だった。

 場所中は番付最高位の東の横綱だけが座ることが許される東支度部屋の一番奥のスペース。千秋楽の取組終了後だけは、優勝者がここで髪を直す。

 1976年に床山になった床鶴さんが初めて優勝者の髪を直したのは91年初場所、井筒部屋の大関・霧島(…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文566文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  3. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  4. ORICON NEWS aiko、声が枯れライブ途中で中止に ツイッターで謝罪「悔しくて死にそうです」
  5. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです