メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1987年夏場所 2度目の殊勲賞を獲得した益荒雄

1987年大相撲夏場所3日目、千代の富士をうっちゃりで破った益荒雄(右)

速攻の「白いウルフ」

 日本がバブル景気に沸いていた1987年5月の夏場所。「益荒雄旋風」が再び、土俵上を吹き抜けた。

 現阿武松親方の益荒雄は、86年の九州場所で右差し、速攻というスタイルを確立し、11勝4敗で初めての敢闘賞を受賞。年が明けた初場所でも技能賞に輝き、春場所では2横綱4大関を撃破して殊勲賞を手にした。続く夏場所も勢いは止まらない。「白いウルフ」と呼ばれた益荒雄は、東小結で場所に臨んだ。

 春場所で千代の富士から白星を挙げたことが大きな自信になっていた。「千代の富士関に勝ったことは、私の…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです