メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 1987年夏場所 2度目の殊勲賞を獲得した益荒雄

1987年大相撲夏場所3日目、千代の富士をうっちゃりで破った益荒雄(右)

速攻の「白いウルフ」

 日本がバブル景気に沸いていた1987年5月の夏場所。「益荒雄旋風」が再び、土俵上を吹き抜けた。

 現阿武松親方の益荒雄は、86年の九州場所で右差し、速攻というスタイルを確立し、11勝4敗で初めての敢闘賞を受賞。年が明けた初場所でも技能賞に輝き、春場所では2横綱4大関を撃破して殊勲賞を手にした。続く夏場所も勢いは止まらない。「白いウルフ」と呼ばれた益荒雄は、東小結で場所に臨んだ。

 春場所で千代の富士から白星を挙げたことが大きな自信になっていた。「千代の富士関に勝ったことは、私の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです