メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

卓球

世界選手権 女子、打倒中国に前進 男子、世界の実力接近

 卓球の世界選手権団体戦は6日に閉幕し、日本は女子が3大会連続の準優勝、男子は6大会ぶりにメダル獲得を逃して明暗が分かれた。今回も決勝で中国に敗れたが、女子は伊藤美誠(スターツ)が1勝を挙げ「打倒中国」の目標に一歩前進する成果を上げた。

 伊藤はサーブ、レシーブとも多彩で、追い込まれてからの技術の豊富さが光った。強心臓も改めて証明。1番手として勝利をもぎとり、相手を脅かしたことは、伊藤にとって自信になると同時に、今後の対戦にもいい影響を与えそうだ。

 平野美宇(日本生命)も一時の不調を脱した様子で、敗れた決勝の丁寧(中国)戦は高速ラリーで渡り合った…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 次期堺市長選に維新が候補擁立の意向 松井代表、竹山氏を批判「潔くなかった」
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選
  5. 低速で横断歩道に進入 ドライブレコーダーに運転手の叫び声も 神戸・バス事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです