メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 優勝に力士人生かけ=武藤久

 大相撲の優勝制度は1909年夏場所から始まった。以来、優勝額が贈られるようになり、毎日新聞社贈呈の優勝額が国技館内に掲額されている。幕内の優勝力士は2014年春場所の鶴竜で100人目。今年の初場所で平幕優勝した栃ノ心は105人目だった。年6場所になった58年以降では、通算361場所で優勝力士は優勝40回の白鵬はじめ65人だけだ。

 「毎場所、全勝と優勝を狙って土俵に上がっている」といつも口にしていたのは、解説でも知られる谷川親方…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1063文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感
  5. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです