メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし 優勝に力士人生かけ=武藤久

 大相撲の優勝制度は1909年夏場所から始まった。以来、優勝額が贈られるようになり、毎日新聞社贈呈の優勝額が国技館内に掲額されている。幕内の優勝力士は2014年春場所の鶴竜で100人目。今年の初場所で平幕優勝した栃ノ心は105人目だった。年6場所になった58年以降では、通算361場所で優勝力士は優勝40回の白鵬はじめ65人だけだ。

 「毎場所、全勝と優勝を狙って土俵に上がっている」といつも口にしていたのは、解説でも知られる谷川親方…

この記事は有料記事です。

残り847文字(全文1063文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  3. 「呪」「死ね」 警察幹部の報道用写真に加工 岐阜県警警部補を懲戒処分
  4. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  5. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです