メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段が8強 王座戦挑戦者T

 将棋の藤井聡太六段(15)が7日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第66期王座戦の挑戦者決定トーナメント1回戦で屋敷伸之九段(46)に勝ち、ベスト8へ進んだ。中村太地王座(29)への挑戦権獲得まで、あと3勝となった。2回戦は、羽生善治竜王(47)と深浦康市九段(46)の勝者と対戦する。

     同トーナメントは予選を突破した棋士とタイトル保持者ら16人で戦い、挑戦者に決まると中村王座と五番勝負を行う。これまでのタイトル挑戦の最年少記録は、屋敷が1989年に棋聖へ挑戦した17歳10カ月。タイトル獲得の最年少記録は、90年に屋敷が棋聖を獲得した18歳6カ月。

     藤井は今年度4戦全勝で、通算成績は75勝12敗。18日は、史上最年少七段昇段が懸かる竜王戦5組ランキング戦準決勝で、船江恒平六段(31)との対局がある。【山村英樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
    2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
    3. 熊本遺体 粘着テープで手足を拘束 死後数週間が経過
    4. 陸上 山県が2位 優勝はガトリン 男子100メートル
    5. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]