メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日産

ディーゼル車撤退 欧州の環境規制に対応

 日産自動車は、欧州域内でディーゼルエンジンを搭載する乗用車の販売から撤退する方針を固めた。排ガス規制強化に対応するため、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)などの販売に注力する。主要自動車各社も同様の方針を打ち出しており、欧州の環境対応車の主流だったディーゼル車の低迷が一気に進んでいる。

     日産は、欧州で乗用車の多くの車種でディーゼル車を販売するが、英仏政府の環境規制強化などに対応するため、既存の車種が全面改良されて新型になる時期に合わせて、ディーゼル車を廃止し、代わりにEVなど電動車の車種を増やす。国内と同様、欧州でも2025年までに新車販売の半数を電動車にする方針だ。

     ディーゼル車はガソリン車と比べて燃費効率が良い半面、大気汚染物質を排出しやすい。15年には独フォルクスワーゲン(VW)の排ガス規制逃れ問題が発覚。英仏はガソリン車とディーゼル車の販売を40年までに禁止する方針を打ち出した。

     トヨタも18年以降、乗用車の6車種で展開しているディーゼル車の販売を順次廃止する。ホンダも18年秋以降、一部車種でディーゼル車の販売をやめ、HVなどの販売拡大を目指す。【竹地広憲】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 欅坂46 ナチス制服似衣装、秋元康氏ら謝罪
    5. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです